ISO9001を取得しよう|【企業の信頼がUP】ISO9001を取得して品質を高めていこう
ISO9001

ISO9001を取得するにあたって重要なポイントを確認する

ISO9001を取得しよう

システム

取得のコツを把握する

ISO9001を取得するとなると、色々な準備と時間が必要になります。実際にISO9001を取得した企業に話を聞いてみると、相当大変だったとの声が多いです。そんな声を聞いても、工数をあまりかけずに短期間で取得したいと思うでしょう。そこで、ISO9001を取得するコツを確認していくと良いですよ。まずは、現在の状況を明確にして無理しない程度に現状を改善していくことを目標としましょう。ISO9001の取得要項は全部で136項目となっており、取得をしている企業は大体70%ほどは規格に満たしていると言われています。そのため、取得のために最初からルールを細かく定めていくことはしなくても大丈夫です。残りの30%を新たにルール化していけば、スムーズにISO9001を取得出来るでしょう。このコツを把握しておくことで、効率的に取得が可能になります。

文書じゃなくても大丈夫

規格を取得する際に数々の要項がありますが、その中に「文書化された手順」との文言があります。この文言が出てきたら文書化する必要がありますが、それ以外は特に文書化しなくても問題ありません。そのため、自由に文章を残すことが出来るでしょう。あわせて、必要となる手順も必ず文書である必要性はなくなったので、動画などでも代用することが出来ますよ。このようなポイントを事前に理解しておくことで、取得のための準備がより行ないやすくなりますね。また、取得するにあたって色々と情報を集めておくことも大事です。

必ず取得するためには

ISO9001を必ず取得するためには、成功のポイントを押さえていきましょう。まず、取得にあたって多くの資料やデータなどを作成していかないといけません。それを分散して行えるようにするためにも、全社員で取り組むという意識と理解が必要になります。次にスムーズに準備が出来るように記録などの管理を工夫していきましょう。また、ルールやマニュアルを作成していく上で現時点で難しいことはルール化していかないことが大事です。そして、何より社員がちゃんと分かりやすいようなマニュアルを作成していくことですよ。最低でもこれらのポイントを押さえることで、無事にISO9001を取得出来る可能性が上がります。

失敗例も確認しておくことで、色々な対策が取れる

ISO9001取得にあたって成功例を確認することは参考になるので大事ですが、あわせて失敗例もチェックしていきましょう。失敗例も見ることで、色々なリスクを回避することが出来ます。ISO9001を取得するのは大変なイメージがありますが、そのようなことはありません。ちゃんとポイントやコツを押さえていくと必ず取得することが可能です。また、取得に不安を感じる場合はISO取得をサポートしてくれる業者に相談するのも1つの方法でしょう。

広告募集中